So-net無料ブログ作成
検索選択

草笛で”牧場の朝”演奏、眠りが浅いと糖尿病の危険増大・・・

ただ一面に立ちこめた
牧場の朝の霧の海。
ポプラ並木のうっすりと
黒い底から、勇ましく
鐘が鳴る鳴る、かんかんと。

もう起出
(おきだ)した小舎小舎(こやごや)
あたりに高い人の声。
霧に包まれ、あちこちに、
動く羊の幾群
(いくむれ)
鈴が鳴る鳴る、りんりんと。


輝き
眠り浅いと糖尿病の危険増大 米大学チームが研究
2008年01月04日03時10分朝日新聞より
公園にて、糖尿病は怖い、いつも公園の石垣のところで休んでいる姿、どうかしたのですか、
疲れるのですと、糖尿病です、若いときに肉を好きで食べ過ぎた結果です、こうなると健康が以下に大切かが分かり健康な人を見ると凄く羨ましい、最近は足がしびれて感覚が薄らいで指の血色が良くない、糖尿病が一番嫌な病です、食事制限、人工透析、無理が出来ない段々と蝕まれてゆ、くあきらめている、

車椅子に乗って犬の散歩シーズ犬を膝の上に乗せたり歩かせたり、1年間前は両足があったのが、現在は義足です、スーパーでも会いますが、買い物を車椅子での買い物低いところは簡単に取れるが、手の届かない所が多い、毎日が大変な生活、原因は肉食主体が悪かった、主婦だからカロリーをとり過ぎないように調整して料理を作る毎日である、

 熟睡できない日が続くと2型糖尿病になる危険性が増すことを、米シカゴ大の研究チームが突き止めた。米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。小規模な実験ながら、眠りが浅いと血糖値を正常に保つ機能に悪影響があったという。
 感染症などをきっかけに小児期に発症することの多い1型糖尿病とは違い、
糖尿病の大部分を占める2型は生活習慣が主な原因とされる。
睡眠時間が短い高齢者や、睡眠時無呼吸症候群で眠りの浅い太った人に目立ち、眠りの質との関連が指摘されてきた。
 研究チームは今回、20~31歳の健康な男女9人を対象に、眠りの質と、血糖値を正常に保つインスリンの効きぐあい(耐糖能)の関係を調べた。被験者の脳波を測定しながら、実験室で8時間半ほど眠ってもらった。深い眠りを示す脳波が出始めたら、目覚めるほどの音量ではないものの、深い眠りを妨げる程度の騒音をベッドわきのスピーカーから出した。
 3日にわたって実験した結果、被験者の耐糖能が実験前より25%ほど下がり、糖尿病に近い状態になっていた。研究チームは「睡眠時間を長くするとともに、眠りの質をよくすることで、2型糖尿病の予防につながる可能性がある」という。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。