So-net無料ブログ作成
検索選択

”スワニー河”癒しの音楽草笛 乳がん家系は前立腺がんに・・・

「故郷の人々」

勝承夫作詞・フォスター作曲

はるかなる スワニー川 その下(しも)
なつかしの彼方(かなた)よ わがふるさと
旅空のあこがれ 果てなく
思い出(い)ずふるさと 父母(ちちはは)います
長き年月 旅にあれば
おお疲れし わが胸
父母(ふぼ)を慕(した)うよ

畦道(あぜみち)さすらいし 思い出
はらからと遊びし 楽しき日
ゆめあまき歌声 むなしや
おお行(ゆ)きて暮らさまし 母のもとに
長き年月 旅にあれば
おお疲れし わが胸
父母を慕うよ


乳がん家系は前立腺に注意 リスク4倍

乳がんの多い家系に生まれた男性は前立腺がんの発症リスクが高いことをオーストラリアなどの研究チームが19日までに突き止めた。家族性乳がんのリスク因子として知られるBRCA2遺伝子の変異が前立腺がんの因子でもあることが確認でき、2つのがんの関連が初めて分かった。BRCA2遺伝子に変異を持つ男性の前立腺がん発症リスクは、変異がない男性の4倍になるという。成果は米医学誌クリニカル・キャンサー・リサーチに掲載された。家族性乳がんや卵巣がんの研究を続けてきたチームは、一部の家系では前立腺がんも多いことに気付いた。BRCA2遺伝子の変異が家族性乳がんのリスク因子となることは過去の研究で分かっており、チームは前立腺がんでもこの遺伝子変異が起こっているかどうかを調べ、確認にこぎ着けた。チームは「乳がんの多い家系に生まれた男性は検査を。BRCA2遺伝子変異による乳がんを克服した女性は、兄弟や息子に注意を呼び掛けてほしい」としている。(平成20年5月19日 中国新聞)

前立腺がん、乳製品食べる男性、発症率が1.6倍

乳製品をたくさん食べる男性は、ほとんどとらない男性に比べ、前立腺がんの発症率が約1.6倍になることが、厚生労働省研究班の大規模調査で分かった。乳製品は骨粗しょう症や高血圧、大腸がんの予防に有効だとする報告も多く、研究班は「乳製品の摂取を控えた方がいいかどうかは総合的な判断が必要で、現時点での結論は出せない」としている。研究班は、95年と98年に登録した全国10府県に住む45~74歳(登録当時)の男性約4万3000人を04年まで追跡。このうち329人が前立腺がんを発症した。牛乳やヨーグルトなど乳製品の摂取量によって4群で分析した結果、最も多い群は、ほとんどとらない群に比べ、前立腺がんの発症率が約1.6倍になった。摂取量が多いほど危険性が高まる傾向がみられた。乳製品に多く含まれるカルシウムと飽和脂肪酸は、前立腺がん発症の危険性を高める可能性のあることが報告されている。(平成20416日 毎日新聞)

乳がんは温熱療法で簡単に消えてゆく42度風呂の温度で副作用なし火傷なし。



- テクノラティプロフィールブログ
にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 音楽ブログへPing送信先URL
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/dtj4c3unydb1

医者いらずの「にんじんジュース」健康法 (PHP文庫 い 49-5)

医者いらずの「にんじんジュース」健康法 (PHP文庫 い 49-5)

  • 作者: 石原 結實
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/03/02
  • メディア: 文庫



体を温めて病気にならない生き方―体温上げで免疫力をアップ!プチ断食でサラサラ血液に!

体を温めて病気にならない生き方―体温上げで免疫力をアップ!プチ断食でサラサラ血液に!

  • 作者: 石原 結実
  • 出版社/メーカー: 永岡書店
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫



病気はかならず治る―自然が癒し、医者は助ける (1979年)

病気はかならず治る―自然が癒し、医者は助ける (1979年)

  • 作者: 石原 結実
  • 出版社/メーカー: 善本社
  • 発売日: 1979/07
  • メディア: -


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。