So-net無料ブログ作成

「救急車が出動せず」大学生死亡 母親、山形市を提訴

 山形市で昨年、一人暮らしの男子大学生(当時19)がアパートで死亡したのは、119番通報をしたのに救急車が出動しなかったためだとして、母親が山形市に約1千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、山形地裁であった。市側は不出動とした対応は適切だったとして、全面的に争う姿勢を示した。

 亡くなったのは、当時山形大2年生だった大久保祐映(ゆうは)さん。訴状などによると、大久保さんは、昨年10月31日午前5時11分に自宅アパートから「体調が悪い」と119番通報し、救急車を要請。山形市消防本部は救急車を出動させず、近くの病院を案内してタクシーで行くよう促した、としている。市側は、119番通報を受けた同本部の通信員が「歩けるの?」と尋ねた際、大久保さんが「動けると思います」と話したことなどを不出動の理由に挙げている。

 大久保さんは、その9日後に自室で遺体で発見された。死体検案書で死亡推定日は通報翌日の11月1日ごろ、死因は「病死疑い」とされた。タクシーを呼んだ形跡はなかった。

自己責任救急車はタクシーと違い、救急の患者か確かめるのが当たり前、勘違いも甚だしい、これからは有料にしたら良いと思う、くだらない救急車を使う人が多すぎること。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

luky

nice! 1 を有難うございます、最近救急車が来てもしばらくすると空で帰ることが多い、税金の無駄使いです、近所迷惑でもある夜中に誰が心配で起きること多い。
by luky (2012-10-14 06:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。